スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶっ飛ばしちゃいますよ。

やばい。
何がやばいって迫り来る締め切りを控えた、目の前の白紙の原稿と2件の飲み会の存在である。いつもの事ながら終わんのかこれ。
今日は天気はよくなかったけど、行きかえりの雨が平気そうだったので久しぶりにファミレスへ行きました。少しだけ作業が進みました。


昨日の記事のアレですが、実際のところわたし自身は1個しか買ってないですのだ。書いたとおり行き着けのコンビニにあったやつは皆で買っちゃったからすぐなくなっちゃったしな!別んとこで見かけたら買ってもいいかもしれませんが。
まぁそもそもなんで買ったかって首のところのジョイントが近そーだったから簡単魔改造ができそうだと思ったから。という訳だが。
070831.jpg

んでも微妙に合ってないのか若干グラグラするのが難点だ。
後ろは気にしない。
スポンサーサイト

それゆけ!いや、ゆくな!かえってこい!

タカラトミーから出ている食(?)玩、それゆけ女性自衛官(公式サイト
一昨日から昼休みになにやら皆で買ってたら今日売り切れてた。
その時の写真。
070830.jpg

これはなんぞ

そして更に進化。
070830b.jpg

これはひどい
左右にオプションがつきます。
070830c.jpg

手から旗が生えていたんですが写真の都合で切れてしまっていました。しまったっ
そして最終進化系へ。
070830d.jpg

ひどすぎる
とりあえず右上のやつはこっち見んな。

久しぶりの週末の過ごし方シリーズ

どうせ起きてても暑いので昼まで寝てる。人にはなんでこの暑さの中冷房も無しに寝られるんだと言われるが、先日までの睡眠不足に比べたら暑くても寝れるだけマシだろうと思う。

日曜日はキクマさんと月海月さんとファミレス行ってました。っつーかこのメンツでのファミレス率高いな。
キクマさんが、こうして会う度に絶望先生の単行本を全部持ってくるので、すっかり読破。
なのでこの日の落書きは絶望先生から。
070827.jpg

倫さんと霧ちゃんが好きですが、千里さんは怖い。マジ怖い。


月曜日は池袋へ買い物へ行ってきました。
夏コミの委託を見に行く…つもりだったんですが商業誌の漫画ばっかり買ってるのは何故だぜ。
それとパソコン版メルブラのデモが流れてたので見てたら4人対戦モードがあった。
「なにこのQOH99」
とか思っていたらふと気づくとレジに並んでいた。という訳でメルブラ買いました。なのにゲーセン行ってやってたのは決してKOFMIAやったらぼこぼこにされたからな訳じゃないんだぜ。
とりあえずこれでツンデレン、もとい白レンも使い放題という訳だ。
んで戻った後、久しぶりにナポ宅へ冷房浴びに行くことに。
ゲームして漫画読んでごろごろしてとても有意義な休日を過ごせたと思います。まる。(これってまるが3回あるぞ)

ホモだけどな。(∵)

今日、帰り道ですれ違った車(わたしは信号待ちで、相手は右折してわたしの横を通り抜けていった)がかけていたBGM、あれ絶対夢想歌だ。間違いない。ちょうどサビが聴こえた。
こどものこーろのカキーンカキーンカキーン

ゲームのはなし。
リトルバスターズ!
今日、おおよそクリア。
やー楽しかったマジ楽しかった発売日がコミケ前でヤバかったけど時間みつけてちょっとづつプレイしてた甲斐があった。
ネタばれにならない程度に触れておくと、総評としては

恭介は発売前から大好きだったけど、謙吾と真人も大好きになった。あと、恭介はもっと好きになった

といったところか。



…誤解のないよう言っておくと、ヒロインたちも皆好きである。というか今作に嫌いなキャラは特にいない。
特に発売前はノーマークだった三枝と西園さんがわたし的に大逆転ホームランだったのでお気に入りである。
(と言っても発売前は、下手に知ると発売待ちきれなくなりそうだったのでギリギリまで積極的に情報収集しないようにしてたのだが体験版でたあたりでアウトだった)
あと小毬さんがなんとなくイメージしたてのとキャラが違って逆に好きになった。というか樋上いたるがメイン原画だろうという思い込みからかメインヒロインだろうと思ってたら違って衝撃。

冒頭でおおよそと言ったのは、ギャラリー見る限りまだ来ヶ谷さんに見てないシーンがあるようなので、それはこれからだ。それと小毬さんのぱんつも

らっぴーのちょっぴりエピソード

あれは8/18の夜というか8/19の明け方、仕事を終え、帰り道にゴミを捨てるついでにコーヒーでも買おうとコンビニへ寄った時。
レジで会計をしていると、ふと店員のニーサンが思いついたように言った

「そうだ、フランクかなんか食っていきません?」

疲れてぼんやりした頭で聞いていると、どうやら時間廃棄の商品をくれるらしい。

羽「じゃあお言葉に甘えて」

と、何をくれるのかとぼーっと待っていたら店員さんの方も何を選ぶのか待っていたらしい。あわててから揚げ串を選んだ。
疲れた体に染み入る1本だった。あれがなかったら家に帰るまで体力がもたなかったかもしれん。あの店員のニーサンは命の恩人だ。

しかし実を言うと見ず知らずのコンビニの店員さんから廃棄の品をもらうのはこれが初めてじゃない
前は学生頃のバイト帰りだっただろうか。廃棄になるにくまんか何かをもらった覚えがある。

どちらも確かによく行く店なので常連と言えなくもないが、深夜に行くことはあんまりなく、それらの店員さんとも面識はほとんどない。(少なくともわたしは初対面だと思っている)そんな客に施しをする店員さんも変わったヒトだが、なんのためらいもなく貰うわたしのポリシーは常に

『貰えるものは遠慮なく貰う。むしろもっとくれ。』

である。正体は妖怪モットクレである。
モットクレー!
プロフィール

羽村・アンダーソン・怜一

Author:羽村・アンダーソン・怜一
通称はむらっぴー、ハムソン、他。

最近の記事
最近のコメント
ヒューガ
PSUリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。